美容師が転職を成功させる秘訣

美容師が転職を成功させる秘訣とは?転職する際の注意点や転職先の選び方、履歴書の書き方、面接などに関して、また、現在勤務している美容室から別の美容室への転職、美容師を辞めて異業種への転職などについての情報を掲載中。

ブライダル業界へ転職は未経験でも可能なのか?

f:id:ren-ai-partner:20170720122418j:plain

 

ブライダル業界に転職したいけど、

未経験だからできるか不安だという方も

いるでしょう。

 

こちらでは未経験者でもブライダル業界

に転職することができるのか調べてみま

したので、参考にしてみてください。

 

 

 

未経験だけどブライダル業界へと転職することはできるの?

 

結論から言いますと、未経験者でも

ブライダル業界へと転職することは可能

です。

 

ブライダル業界へと転職する人も多いで

すが、ブライダル業界から転職する人も

多いです。

 

なので、ブライダル業界未経験者を歓迎

しているという企業も多いんですよ。

 

もちろん経験者も面接を受けたりすると

思うので、経験者と比べると不利かも

しれません。

 

ですが、未経験で転職したという方も

たくさんいますし、チャンスはあります。

 

ブライダル業界未経験者が転職を成功させるには?

 

第一にブライダル業界の求人の中でも、

未経験者OKの求人を探すことから

始まります。

 

未経験者が駄目だという求人も数多く

ありますが、未経験者OKの求人も

たくさんありますよ。

 

そして次に、自分がブライダル業界に

向いている人材だということをアピール

することが大切になってきます。

 

ブライダル業界に向いている人というと

、気配り上手や奉仕することに生き甲斐

を感じる人です。

 

他にも、他人の幸せを見ていると自分も

幸せになれるという人や、常に笑顔で

いられる人なども魅力的に思われますね。

 

新郎新婦を導かないといけないので、

リーダーシップがある人や営業力のある

人なんかも良いです。

 

また、やはりコミュニケーション能力は

ブライダル業界で働くには、欠かせない

能力でしょう。

 

何より、新郎新婦の気持ちを考えて二人

にとって幸せな結婚式を考えられるよう

な人でないとブライダル業界への転職は

できません。

 

この中から自分に当てはまることを、

自己PRなどで積極的にアピールする事

が大切です。アピール時には、アピール

にぴったり合うエピソードなどを交える

ことで、より印象付けることができますよ。

 

未経験からブライダル業界への転職は、

可能なんですね。

 

ブライダル業界は厳しい世界ではありま

すが、やり甲斐のある職業ですので、

是非転職を成功させてください。

 

 

ブライダル業界へ転職 | 40代でも大丈夫?実力主義って本当?

f:id:ren-ai-partner:20170718043642j:plain

 

今や年齢によって就職が左右される職業

が多いですが、ブライダル業界はどうな

のでしょう。

 

年齢が高くても転職できる職業なのか、

実力主義の世界なのか調べてみました。

 

 

 

ブライダル業界はあまり年齢にこだわりがないって本当?

 

ブライダル業界は、若いということに

あまりこだわりがありません。

 

年齢が高くてもある程度の経験があると

喜ばれることも多く、年齢が高いからと

いって転職が難しいということはありま

せん。

 

もちろん、新卒で募集しているところも

あるのですが、新卒で募集していない

ところも数多くあります。

 

そういったところでは、20代後半から

30代後半の方が多いみたいです。

 

それに、新郎新婦も一生に一度の結婚式

はキャリアがありそうな人に導いてもら

いたいでしょう。

 

特にウェディングプランナーは、

新郎新婦が納得できるようなプランを

提供しなければなりません。

 

そのための主導権を握るには、説得力

というのも大切になってきます。

 

若くて頑張ってくれるかなという人に

比べると、キャリアのある頼り甲斐の

ある人の方が良いのではないでしょうか。

 

ブライダル業界は実力主義なの?

 

ブライダル業界では、年齢不問の上下関

係になるといったことが良くあるそうで

す。

 

それはやはり、ブライダル業界は実力主

義だからという理由で間違いないでしょ

う。

 

ウェディングプランナーは、それまでの実績がものを言います。

 

転職して間もない頃などはプランナーの

サポートをするといった仕事が多いです。

 

もちろんそのプランナーが自分より年下

だなんてことは沢山ありますし、その下

で自分はプランナーからの指示をこなし

ていかなければなりません。

 

そして結婚式当日ともなると失敗は許さ

れないので、プランナーの気も張ってい

ます。

 

ミスに繋がることをすると、年下のプラ

ンナーから厳しい言葉を言われるでしょ

う。

 

このように、ブライダル業界では実力が全てなのです。

 

まとめ

 

ブライダル業界は、本当に実力が全ての

世界なんですね。

 

転職の際に年齢が左右されることはなさ

そうなので、年齢で転職を悩んでいる人

は安心してください。

 

 

ブライダル業界への転職は男性でも可能なの?主な役割について

f:id:ren-ai-partner:20170716123549j:plain

 

ブライダル業界へ転職したいけど、

男だからブライダル業界に転職できるの

か疑問に感じている人もいるでしょう。

 

特にブライダル業界の中でも、

ウェディングプランナーは女性のイメー

ジが強いですよね。

 

男性であってもウェディングプランナー

になることはできるのでしょうか。

 

 

 

ウェディングプランナーは女性の割合が高いの?

 

ウェディングプランナーはやはり女性の

方が多いと言って間違いないでしょう。

 

一般の人の間でも、ウェディングプラン

ナーは女性の職業と考える方がほとんど

です。

 

ですが、ウェディングプランナーは何も

女性だけの仕事ではありません。

 

世間のイメージから就職状況は厳しめと

なっていますが、男性でもウェディング

プランナーを目指すことは可能なのです。

 

実際に、男性のウェディングプランナー

で活躍している方もとても多いんです。

 

割合でいうと女性の方が多いのは事実で

すが、男性のウェディングプランナーも

たくさんいるので、男だからと諦めない

で下さいね。

 

男性のウェディングプランナーは女性のプランナーとやれることが違う?

 

男性と女性で活躍の場が違うのかと言わ

れると、そうではありません。

 

男性だからできないといった仕事はあり

ませんし、女性と男性の働き方が違うと

いうことはウェディングプランナーには

ありません。

 

あるとすれば、新婦のドレスフィッテ

ィングの立ち会いにお客様が抵抗を

感じるくらいではないでしょうか。

 

このようなウェディングプランナーの

仕事に男女の差はありませんが、

男性だからこそできることはあります。

 

たとえば、男性ならではの利点を生かし

て男性目線の提案をするといったことが

できますね。

 

結婚式の打ち合わせはどうしても新婦の

意見を尊重しがちですが、男性プランナ

ーは新郎の気持ちを汲み取ることができ

ます。

 

これは女性プランナーからすると結構

難しいことなので、是非仕事に役立てた

いですね。

まとめ

今回はブライダル業界のウェディングプ

ランナーの男女割合について紹介しまし

たが、ブライダル業界には色々な仕事が

あります。

 

どの仕事も男性が職に就くことは可能と

なっているので、ブライダルの職種の中

でも自分に合った職を見つけましょう。

 

 

ブライダル業界のスタッフが異業種に転職してしまう主な理由

f:id:ren-ai-partner:20170714145831j:plain

 

ブライダル業界は女性の憧れの職業です

が、ブライダル業界の人が転職する可能

性も高いです。

 

華やかなイメージがあるブライダル業界

は大変なこともたくさんあります。

 

今回は、華やかなイメージとは少し違っ

たブライダル業界の転職理由をお伝えします。

 

 

 

ブライダル業界では体力が必要って本当?

 

ブライダル業界での仕事は、思っている

よりハードな仕事です。

 

特にウェディングプランナーは、朝は

5時出勤、そして帰りは終電なんて事

はしょっちゅうなんだとか。

 

残業はもちろんですが、新郎新婦の時間

や都合に合わせてこうなってしまうこと

も多いのです。

 

そして結婚式当日も、ウェディングプラ

ンナーは大変です。

 

バックヤードでは息を切らして走ること

はもちろん、シェフに怒られたり、大量

の納品確認などもあります。

 

トイレの時間もかなり少ないそうで、

食事中も電話を確実にとるために気を

張らなければなりません。

 

生活が仕事中心といえるような仕事内容

ですので、体力的に辛くて転職してしま

う方も多くいるそうです。

 

精神力も必要なブライダル業界!転職率の高さはここにある?

 

ブライダル業界での仕事は、並大抵の

精神力では勤まらないと言われています。

 

先ほども説明したように、シェフに怒ら

れるというのは珍しいことではないです

し、新郎新婦と信頼を築くのも大変です。

 

特に、新郎新婦にとって人生で一番大事

とも言える結婚式が失敗してしまえば、

大きなクレームに繋がります。すると

仕事への恐怖心が残ってしまい、思う

ように仕事が進まなかったりもするようです。

 

また、新人プランナーの頃は厳しい教育

を受けるので、それらを辛いと思う方も

いるようですね。

 

このように、会社にも左右されますが

ブライダル業界は精神的に厳しい仕事

内容となっている場合が多いです。

 

まとめ

 

ブライダル業界は、強い気持ちを持たな

いとやっていけない職種なんですね。

 

また、ウェディングプランナーなどは

仕事の面白さが分かるのにキャリアを

積む必要があるそうです。

 

早期退職や転職が多いのは、仕事の面白

さを感じられないといったところからな

のかもしれません。

 

 

ブライダル業界へ転職する際の志望動機や自己PRの書き方について

f:id:ren-ai-partner:20170710103812j:plain

 

志望動機や自己PRというと、履歴書

では欠かせない項目ですね。

 

ブライダル業界でも志望動機や

自己PRはやはり大切な項目なの

でしょうか。

 

 

 

志望動機を書く際で気をつけたいポイントとは

 

ブライダル業界の履歴書では志望動機が

大切です。志望動機をどう書いていいの

か分からないという方のために、

おさえておきたいポイントを紹介します。

 

まず文章の基本ですが、結論から書く事

が大切です。

 

「私が貴社を希望するのは、○○だからです。」

 

このように結論からしっかりと書く事を

意識しましょう。こうする事によって、

文が読みやすくなるので好印象を与えます。

 

そして文中には、

  • なぜブライダル業界なのか
  • なぜウェディングプランナーになりたいのか

を書くと良いです。

 

これを書く際、過去の体験も交えて書く

というのもポイントです。

 

こうすることで、自分がブライダル業界

に対してどれほど本気なのかといった事

が相手に伝わります。

 

また、数ある会社の中でもその会社を

選んだ理由もこちらに書くと良いですね。

 

ブライダル業界での自己PRはどう書けば良いの?

 

ブライダル業界での自己PRで最も強調

したい部分や、確実にアピールしておき

たい部分はどこでしょうか。

 

ブライダル業界の仕事は、常に新郎新婦

のことを考え、満足してもらえるように

尽力しなければなりません。

 

また、新郎新婦はもちろんのこと業者や

関係スタッフからの信頼も大事です。

 

コミュニケーション能力や統率力などが

求められるので、これらをアピールでき

るならアピールしておきたいです。

 

また、ブライダル業界はマナーが大切です。

 

可能であればマナーや礼儀作法を身に

つけていることもアピールできると良いですね。

 

志望動機や自己PRは悩みやすい項目

ですが、ここをしっかり書くことに

よって書類選考は通りやすくなります。

 

また、面接時に志望動機について詳しく

聞かれる可能性が高いので、履歴書に

書いた志望動機は覚えておくと良いでしょう。

 

 

ブライダル業界での履歴書の書き方に異業種との違いはあるの?

f:id:ren-ai-partner:20170709130114j:plain

 

履歴書を書くときって、それなりに

悩みますよね。履歴書で相手に好印象を

与えておかないと、書類選考は落ちて

しまいます。

 

 

 

今回は、ブライダル業界の履歴書の

書き方について詳しく説明していきたい

と思います。

 

ブライダル業界の履歴書の書き方はどうなの?気をつけたいことって?

 

ブライダル業界の履歴書が、他の職種の

履歴書と書き方が違うということはあり

ません。

 

ですが、履歴書にはたくさんの種類が

あり、この中から職種に合った履歴書を

選ぶのもとても大切です。

 

ブライダル業界の履歴書選びには、

志望動機や自己PRのスペースが多い

ものを選ぶと良いでしょう。

 

また、気をつけたいことですが履歴書の

最低限のマナーは守るようにしましょう。

 

たとえば履歴書を書き間違えた際に

修正液は使わず、履歴書を書き直すよう

にするといったことなどです。

 

修正液の使用は絶対に行ってはいけない

ことなので、注意しましょう。

 

biyoushitensyoku.hatenablog.com

 

履歴書は写真にも気をつけよう

 

履歴書は文字や文章に気を取られがち

ですが、他にも気をつけなければならな

いことがあります。

 

それは、やはり履歴書の写真でしょう。

 

たとえば履歴書から写真が剥がれて

しまった場合、裏面に名前が書かれて

いなければ誰の写真か分かりません。

 

意外と知らない人がいますが、企業側へ

のマナーとして裏面に名前を書くことは

当たり前なので、しっかりと書くように

しましょう。

 

そして写真の貼り付けは、水糊は避け、

スティック糊またはテープ糊を使用する

ことで綺麗に貼れます。

 

他にも履歴書の写真にスピード写真を

選ぶ方が多いですが、スタジオ写真も

おすすめです。

 

ブライダル業界の職種はとても人気が

あり競争率が高いので、書類選考時に

履歴書の写真で差をつけることも大切

です。

 

スタジオ写真ですと、ライトが明るい

ですし、納得のいく良い写真が摂れる

ことも多いです。

 

また、スタジオ写真で撮影する際には、

データを残してくれる店を選ぶと良い

です。データを残してくれる店を選べ

ば、焼き増しが可能になりますよ。

 

biyoushitensyoku.hatenablog.com

 

ブライダル業界特有の履歴書の書き方

というのは、特にないということが

分かりました。

 

ですが、履歴書を書く際に気をつけなけ

ればならないことはたくさんありますの

で、気をつけてください。

 

 

ブライダル業界転職時の面接について | どんな準備や心構えが必要?

f:id:ren-ai-partner:20170708113422j:plain

 

面接をする前の準備や心構えは、

何よりも大切です。

 

では、ブライダル業界の面接はどのよう

な準備をすれば良いのか、見ていきたい

と思います。

 

 

 

ブライダル業界の面接はどのような流れで行われるの? 

 

ブライダル業界の面接は、グループディ

スカッションから始まることがほとんど

です。

 

テーマは結婚と恋愛の違いや、恋人と

夫婦の違いなどといった結婚関連のこと

になるでしょう。

 

そしてウェブの適性検査、グループ面接

と進んでいきます。

 

最終選考の個人面接は人事部長との

1対1の面接となるでしょう。

 

あらかじめ準備しておきたいのは、

質問に対するだいたいの答えです。

詰めが甘いとどこかで矛盾し、慌てたり

もしてしまうので良く考えておきましょう。

 

面接ではどんなことを聞かれるの?

 

ブライダル業界の面接ではどんな質問を

されるのでしょうか。

ざっと箇条書きにしてみましょう。

 

  • 面接会場まで、どのような手段できましたか?
  • 当社(我が社の魅力)について教えてください。
  • あなたは、なぜこの会社を受けたのですか?
  • あなたがブライダル業界を志した理由を教えてください。

 

等は、質問されることが多い項目です。

 

最初の質問として有名なのが、

どのような手段で来たか

という質問です。

 

この質問は緊張をほぐす質問として使用

されるので、正直にハキハキと答えましょう。

 

次に、これはどの会社でも質問されます

が、当社の魅力について聞かれます。

 

この質問に対しては、

なぜ自分がこの会社を受けたか

ということを答えることになります。

 

そして、志望動機について、

なぜブライダル業界を志したのか

質問されます。

 

他にもニックネームについて聞かれたり

、自分の性格についてや家族や友達から

の印象なども聞かれます。

 

気になるニュースや、入社後について

なども聞かれる可能性があるので、

準備しておきましょう。

 

当社の社長の名前を教えてください

という質問もあるので、チェックしておきましょう。

 

また、王道ともいえる時間を指定しての

自己PRですが、1分と3分の自己PRを

用意しておくと良いでしょう。

 

他にもさまざまな質問があるので、備えましょう。

 

面接でウェディングプランを提案すると

いったこともあるので、プランやオプシ

ョンもしっかりチェックしたいですね。

 

事前に業界の動向やサービスを理解しておきましょう。