読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美容師が転職を成功させる秘訣

美容師が転職を成功させる秘訣とは?転職する際の注意点や転職先の選び方、履歴書の書き方、面接などに関して、また、現在勤務している美容室から別の美容室への転職、美容師を辞めて異業種への転職などについての情報を掲載中。

あなたが履歴書に書いた志望動機は応募企業の担当者に伝わりませんよ

今回は志望動機や志望理由を書く際のポイントについて

ご紹介いたします。

 

f:id:ren-ai-partner:20170323140058j:plain

 

志望動機や志望理由を書く際は、応募先企業に対して

独自性のあるものを作成しなければなりません。

 

あなたの将来のキャリア目標は変わらないかもしれませ

んが、各企業によって求める人材像が違ってきますので、

応募先企業に特化した書き方にすることがポイントです。

 

履歴書の書き方によくある雛形やテンプレート、文例を

アレンジしただけの志望動機ではなく、あなただけの

オリジナルの志望動機や志望理由を書くのです。

 

あなたの職務経歴やキャリアの強み、それらを活かして

貢献できる業務を強調して書くのです。

 

 

 

履歴書における志望動機や志望理由の書き方のポイント

 

  • 1 自分の経験を活かせるかせるキャリア上の強みを伝える
  • 2 自分の将来のキャリア目標を伝える
  • 3 キャリア上の強みを活かし、将来のキャリア目標が実現できること、その結果どのように貢献できるかを伝える

 

今までの経験上、志望動機や志望理由の欄に記載されて

いることは1か2のどちらかのみの場合がほとんどです。

 

例えば、志望動機に御社の独自の技術が習得できるから...

とだけ記載があったとします。

 

募集をしている企業側の目線、採用担当者の目線で

考えた場合、

 

企業はあなたの技術習得のための学校ではない

 

と、思わせてしまうこともあるのです。

 

また、あなたがどんなに素晴らしい職務経歴があったと

しても企業が求めるものとマッチしてなければ、

憧れだけの志望動機でしかありません。

 

上記の1~3を書くことにより、なぜ当社を選んだのか?

といった採用担当者が質問してくる問いにも迷うことなく

答えることができるでしょう。

 

転職先企業に応募する際は、企業の情報収集をはじめ、

募集要項から求められてる能力を察知し、入社後に自分が

活躍している姿を想像しながら、採用担当者や面接官に

アピールしていきましょう。

 

今までは

志望動機を書こうと思ってもなかなか書けない、

と頭を悩ませていたのではないでしょうか?

 

どう書いたら良いのかわからないから、

適当に埋めとけ...

 

このような気持ちで書いた志望動機はいい加減に書いたも

同様。

 

そのことが採用担当者や面接官に伝わり、書類選考時や

面接時にマイナスの印象をもたれてしまう事が多いです。

 

多くの企業の場合書類選考や面接では、

  • あなたが採用されたら、当社で何がしたいのか?
  • あなたは当社で何ができるのか?
  • あなたが当社に入社したい理由とは?

を知りたがっています。

 

なぜならば、

自社のニーズに応えてくれる人材なのか否か?

を見極めるためです。

 

志望動機や志望理由を書く欄は決して広いスペースでは

ありませんが、これだけ重要なのです。

 

さて、履歴書の重要性については理解が深まってきた事

と思いますが、いかがでしょうか?

 

  • 履歴書の写真はとても大切なんだ
  • 字が下手でも丁寧に書く
  • 誤字脱字に気をつける
  • 学校名や企業名は正式名称で書く
  • 修正液を使用しない
  • 写真の裏に氏名と生年月日を書いて、写真をきっちり貼る
  • 空欄や空白を作らない

 

このようなことについても述べてまいりました。

 

もし、手元に以前書いた履歴書がありましたら、ぜひ

見返してください。

 

改善できるところはすぐにでも改善し、あなただけの

オリジナル性の高い履歴書に書き換えて下さい。

 

あなたの転職成功に少しでもお役に立てれば幸いです。