読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美容師が転職を成功させる秘訣

美容師が転職を成功させる秘訣とは?転職する際の注意点や転職先の選び方、履歴書の書き方、面接などに関して、また、現在勤務している美容室から別の美容室への転職、美容師を辞めて他業種への転職などについての情報を掲載中。

転職を考えていたけど、美容師海外留学でスキルアップ!留学の目的とは?

美容師が海外留学に行く人がたくさんいればそれだけ

違った目的があります。

 

日本国内で転職を考えていたけど、

  • 海外の美容にも携わったうえで日本の美容室に再就職したい
  • 日本でスタイリストとして数年キャリアを積んだから海外の美容室でも働きたくなった

 最初から海外の美容室で働くのが目標だったなど、

個人の目的は細かく見るとそれぞれ違っていますが、

一般的にどんな目的で留学する人が多いのでしょうか。

 

目的を持つ事の大切さも一緒に調べてみたので参考に

してくださいね。

 

 

 

よくある美容師の海外留学の目的は?

 

一番多い留学の目的は技術力をアップしたいということ

です。特にヘアカットとヘアカラーの技術習得を目的と

した留学が多いです。

 

1960年代にVidal Sassoon(ヴィダル・サスーン)

という美容師が小さなハサミで毛髪をカットし斬新な

ヘアスタイルを作ったことが今のカット技術のルーツ

です。

 

ロンドンの中心地にVidal Sassoon Academyがあり、

サスーン特有のカット、カラー技術を習得するために

美容師留学をする人が多いです。

 

f:id:ren-ai-partner:20170222135140p:plain

 

また、アメリカのニューヨークでインターナショナルに

活躍したい!という目的を持った美容師がコスメトロジ

ーライセンス取得を目的として留学する場合もあります。

 

別の目的は海外にある美容室で働きたいという理由です。

 

海外美容室の厳しい環境に自分をおいて成長したいとか、

その美容室にしか無い技術を習得したいという人がこの

目的を持ちます。

 

他には海外のお客様のニーズ、ビジネスモデルなどを

いち早く学び、自分の経営者としての価値を高める事を

目的としたり、日本での就職や転職のためのスキルアッ

プなど、海外留学の目的は十人十色です。

 

目的設定が重要な理由

留学の際に自分の目的をしっかりと持つ事は大切です。

なぜなら、目的があるかないかでつらい時のリアクショ

ンが変わってくるからです。

 

海外での生活は必ず予想外の事や思うように行かない事

があります。

 

そんな状況のときに目的がはっきりしている人ほど、

投げやりにならずに粘り強く勉強を続けていけます。

 

目的がはっきりしていると手続きや現地での生活の時に

助けになります。留学ビザには目的を書く欄があるので、

目的がないと困ってしまいます。

 

また現地での生活が始まると学校の友人やホームステイ

先の家族から必ず留学の目的を聞かれます。

 

その時に自分なりの目的をきちんと話せると、意見を

きちんと言える人として敬意をもたれますし、話が盛り

上がりお互いによく知り合う事が出来ます。

 

留学の目的は技術の上達やスキルアップのためという

理由が一般的でした。

 

どんな状況の中でもきちんと勉強を続けていくためにも、

自分の留学の目的を考えておきましょう。