読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美容師が転職を成功させる秘訣

美容師が転職を成功させる秘訣とは?転職する際の注意点や転職先の選び方、履歴書の書き方、面接などに関して、また、現在勤務している美容室から別の美容室への転職、美容師を辞めて他業種への転職などについての情報を掲載中。

美容師が海外留学!でも語学留学も必要?現地の言葉がわからない不安

美容師が転職を成功させる秘訣 海外留学編

美容師が海外留学する際に必ず言葉の問題が出てきます。

  • 現地の言葉がしゃべれない
  • どのくらいに語学力が必要か?

不安になることも多いのではないでしょうか?

 

f:id:ren-ai-partner:20170220202116j:plain

 

株式会社セイファート 美容師海外サポートによれば、

語学力はそんなに心配しなくても大丈夫です。

 

-----セイファート ココから-----

 

Q : 英語に全く自身がありませんが、参加するには

どのくらいの英語力が必要ですか?

 

A : 英語力は問題ございません。現地で働く先は

基本的に日本人が経営しているサロンですので、

英語ができない方でもご安心ください。

 

また留学の場合ですと、英語を勉強しに語学学校に

行きますので、こちらも問題ございません。

 

渡航先には日本人スタッフもおりますので、

何か心配ごとなどございましたら、いつでもご相談ください。

 

-----セイファート ココまで-----

 

その一方、株式会社エール・ライズが運営している

アズウィックによるとロンドンの中心地、

Vidal Sassoon Academyで、美容師留学をする際

応募資格に英語力:TOEIC500点以上が望ましいです。

 

※コース開始後、英語力が満たないと判断された場合、

学校よりコース退学を要請される場合がございますの

で、事前の語学力取得が必要となります。

 

と、あります。

 

あなたがどこにどんな留学をするのか?によって必要と

する語学力が違ってきますので、よく考えた上で決める

ことが大切です。

 

上記のことからもわかるように、語学留学も必要になる

ことがありますのでご紹介いたします。

 

 

 

語学留学をする目的

語学留学をする目的は第一に現地の言葉の習得でしょう。

 

地元の生活などを体験する事も目的だと思いますが、

基本的には言語の習得が一番成し遂げたい事では無いで

しょうか。

 

どのくらいの期間で現地の言葉を話せるようになるので

しょうか。

 

どれくらいの期間で話せるようになる?

個人差や言語への取り組み方にもよりますが、

3ヶ月~6ヶ月ほどである程度の聞き取りと意思表示が

出来るようになってきます。

 

だんだん耳がまわりで話される言語に慣れてきますし、

毎日の生活の中で接する人が決まってきます。

 

そうするとまわりの人が毎回話す言葉が耳に付くように

なったり、相手の口癖が分かってきたりします。

 

知っている単語の量が増えてくるので意思表示もしやす

くなっていくでしょう。

 

授業も基礎から少しずつ応用に入っていきますし、実践

的な会話の練習もしますのでかなり話せるようになって

いくのです。

 

早く話せるために意識するポイント

出来るだけ早く話せるようにするために意識したい

ポイントは日本人の友達を作らないと言うことです。

 

どうしても日本語が恋しくなる時がありますが、

可能な限り日本語に接さないようにすると、脳の中に

外国語の思考回路ができあがっていきます。

 

新たな言語の回路を作るのは筋肉トレーニングのような

もので、負荷をかけ続けるほど効果が出てきます。

 

耳をそばだてて現地の人が使うフレーズを覚えましょう。

 

トイレに行く時や何かを人に頼む時に使うフレーズとい

うのは大体決まっているものですが、学校で習うものと

地元の人が普段使っている生きた言語は違う事があります。

 

せっかく現地で生活しているので生きた言語を習得しましょう。

 

カフェなどでお茶をしている時にまわりの会話に注意を

払ってみましょう。

 

語学留学を初めて地元の言葉と生活にどっぷりつかるな

ら、3ヶ月から6ヶ月である程度の言葉を話せるように

なります。

 

言語習得ペースを速めるために可能な限り現地の言葉に

接するようにしたいと思います。

 

 

 

本気で海外留学を考え、コミュニケーションをとりたい

のなら日本にいるときから語学の勉強をおすすめします。

英会話

DMM英会話のレッスンの様子を動画で見てみよう!