読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美容師が転職を成功させる秘訣

美容師が転職を成功させる秘訣とは?転職する際の注意点や転職先の選び方、履歴書の書き方、面接などに関して、また、現在勤務している美容室から別の美容室への転職、美容師を辞めて異業種への転職などについての情報を掲載中。

ブラック企業を選んでしまったではもう遅い!ブラック企業の見極め方

日本の美容技術は繊細で上手だと世界から認められる

レベルになった程、技術は進化しました。

 

しかし、美容師に関する法律は昭和初期から全く変わりません。

 

 

 

つまり芸子の髪結いや丁稚奉公といって先生の家に泊まり込みで

技術を学んでいた頃と同じなので、時代錯誤で現在の状況と

合わない法律が多々あります。

 

例えば早朝出勤、残業、休日出勤の支払い義務が無い、

休憩時間の確保義務が無い等です。

 

よって早朝出勤、残業、休日出勤は勉強の為、

休憩無しはお客様の為と我慢を強いられる事が多いのです。

 

本来美容室の利益の為にスタッフがしている事は

給与を貰う権利があります。

 

具体的には自分のカットやワインディング等技術向上の

為の練習は無給でも、新しいパーマ液の講習やオーナーの

講習を手伝う等美容室の為に働く時間は全て給与対象です。

 

にも拘わらず法律的に請求する事は出来ないので、

今の美容業界はオーナーが従業員を搾取するブラック店が

非常に多い状況になってしまっています。

 

しかし安い給与で休み無く身体を酷使するスタッフは、

いつか身体を壊すかもしれないですよね。

 

福利厚生の無い美容室勤務では、身体を壊したら

無給になります。

 

そのため、転職する時に転職先の美容室はブラックか否かを、

しっかり見極める事が非常に大切です。

 

f:id:ren-ai-partner:20170211173737j:plain

 

見極め方は

 

  • 精神論をアピールしているか否か
  • 福利厚生は完備されているか
  • 過去辞めたスタッフはどのくらいか

 

この3つを見ましょう。

 

なぜなら精神論をアピールする経営者は自分の為、

お客様の為と言う言葉で、無給残業や無給出勤を強いる事が

多い傾向があります。

 

転職の際に求人広告や募集要項を必ず見ていると思います。

 

 

  • あなたのやる気があれば大丈夫!
  • 努力すれば必ず結果がついてくる
  • 年収アップも夢じゃない!
  • あなたと同じ仲間が待っています

 

 

という風な抽象的な精神論が羅列されている場合は

ブラック企業の可能性があります。

 

そしてスタッフの為と頻繁にアピールしてる経営者でも、

福利厚生が無いという事はスタッフの為にかけるべき経費を

かけていないのです。

 

具体例を挙げると

 

  • 法人なのに社会保険に未加入
  • 雇用保険や労災保険に未加入
  • 有給休暇の取得実績なし
  • 残業手当はみなし残業手当になっている

など、求人票や求人広告をチェックする必要があります。

 

 

つまり口では良い事を言ってても本当に美容師の将来のことを

思っておらず、経営者の利益が優先されていると言えます。

 

それに加え、過去辞めた人が多すぎる美容室は当然ブラックの

確立が非常に高いです。

 

その為、実際に職場見学に行ってスタッフの疲れ具合を見る、

口コミをチェックする等して、求人票では見えない真実を

チェックしましょう。

 

自分だけの判断では不安...といった場合は転職支援サービスなどを

活用しましょう。

 

転職のスペシャリストスタッフやコンサルタントがあなたを

サポートしてくれます。

 

転職支援サービスを利用すると、ブラック企業にあたる確率が

グッと下がるのでお勧めです。

 

関連記事

biyoushitensyoku.hatenablog.com

 

biyoushitensyoku.hatenablog.com