読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美容師が転職を成功させる秘訣

美容師が転職を成功させる秘訣とは?転職する際の注意点や転職先の選び方、履歴書の書き方、面接などに関して、また、現在勤務している美容室から別の美容室への転職、美容師を辞めて他業種への転職などについての情報を掲載中。

美容師からの転職って難しい?美容室以外で美容業界への転職

美容師が転職を成功させる秘訣 国内編

美容室以外で美容業界への転職

美容師は辞めるが同じ美容業界で別の職種に就くことは

難しくはありません。

 

同じ美容業界ですし、美容に対する知識や経験も

そのまま活かせます。全く経験のない他業種への

転職よりは、断然転職しやすいでしょう。

 

ただ、美容師免許を活用できる職業となると、

現状では美容師とアイリストに限られます。

 

時間とお金を費やし美容学校を卒業し、

美容師免許を取得してもこれを生かせる

職種は限定されてしまっているのが現実です。

 

 

 

アイリスト

アイリスとは現在の美容業界において美容師以外で

唯一美容師免許を必要とする職種です。

 

美容師からの転職は採用されやすく、雇用主にとっても

メリットがあります。

 

f:id:ren-ai-partner:20170209221747j:plain

 

アイリストは美容師ほど、過酷な労働環境ではありませんが、

すごく細かい作業です。目に近い施術ですのでリスクもあり、

入客できるまでにはコツコツと練習しなければなりません。

 

 技術を一度習得したらそれでおしまい、というわけでもなく

美容師同様、日ごろからアンテナを張って最新の情報や技術を

習得するための努力が必要です。

 

デザイン力もあまり必要としないといった考え方をする人も

いるようですが、決してそうではありません。

 

  • ヘアカラーに合わせたまつ毛の色の提案
  • お客様が持っている雰囲気に合わせる
  • キャラ設定をしたうえでのまつ毛のデザイン提案
  • トレンドのファッションとの融合性

 

近頃は、このようなこともアイリストに

求められるようになってまいりました。

 

アイリストも美容師同様に職人の世界ですから、

美容が好きでないと務まりません。

 

アイリストとしての将来設計ができているのであれば

美容師から転職しても成功しやすいでしょう。

 

 

エステティシャン

美容師からの転職でも人気の高い職業で、

転職しやすい傾向にあります。

 

エステティシャンに転職する際は、

  • 資格を取得してから転職をする人
  • 未経験で転職し、働きながら資格取得をする人

この2通りになりますが、資格を取得してから転職する人が

多いようです。

 

資格といっても美容師のような国家資格ではなく、

全て民間の資格となります。

 

エステティシャンの資格

  • 一般社団法人日本エステティック協会の「認定エステティシャン」
  • 日本エステティック業協会の「AEAインターナショナルエステティシャン」
  • CIDESCO-NIPPONの「CIDESCOディプロマ」

等が有名な資格です。

 

エステティシャンとして働いている人のほとんどは、

何らかの資格を持っているのが現状です。

 

エステティシャンの仕事内容は、全身のケアや

トリートメントを行い、頭髪以外のすべての部位が

施術範囲です。

 

施術はもちろんですが、お客様にリラックスしてもらい

心身ともにリフレッシュしていただける配慮が必要です。

 

美容師からの転職で注意しなければならない点として、

ノルマが非常に厳しいサロンがありますので、情報を

収集してから応募するようにしましょう。

 

 

ネイリスト

 美容師からネイリストになるにあたって、

国家資格は必要ありません。

 

しかし、日本ネイリスト検定試験(1級・2級・3級)を

取得していないと採用されないのが現状です。

 

この資格を取得するには独学でも可能ですが、

ほとんどの場合はスクールに通って検定試験を

受験し合格を目指します。

 

ネイルサロンに転職するには、

最低でも2級は合格しておく必要があります。

 

なぜかというと、どのネイルサロンも即戦力を求めている事、

面接の際に技術試験があるという理由からです。

 

雇用形態は正社員、派遣や契約社員、パートなど様々です。

 

アイリスト同様、細かな仕事ですから

集中力がかなり必要になります。

 

美容師とは違った意味でハードな

一面を持ち合わせた職業です。

 

ネイルサロンに勤務したあとは、独立開業する人も

多いのが特徴です。

 

 

 ヘアメイクアーティスト

美容師の資格を活かせる職業ですが、かなりの難関です。

決して高くはない月収と長期にわたる下積み時代を

乗り越えた人だけがなれるといっても過言ではありません。

 

仕事内容は、ヘアセットやアレンジ・メイクアップなど。

モデル・タレント・俳優などを担当する場合と、結婚式・

成人式など中心に一般の方を対象の場合があります。

 

とてもクリエイティブなイメージをもたれるようですが、

クライアントやユーザーの希望に沿ってヘアアレンジや

メイクをしなければなりません。

 

要望に応えられるだけの技術や知識、さらにトレンドを

うまく取り入れられるセンスも要求されます。

 

美容師よりも過酷な労働環境になる可能性がありますので

ヘアメイクアーティストを目指すならば、相応の覚悟が

必要です。

 

 

美容部員 

美容師から美容部員に転職する際に、特に必要な資格は

ありません。

 

化粧品メーカーや販売店のスタッフとして入社し

研修を受けた後、販売員としてデビューします。

 

メイクやスキンケア等の施術も行いますが、

商品販売の要素が強い職種になります。

 

研修や実務経験を積み重ね、商品知識や販売テクニックを

身につけ、いかにしてお客様に買っていただけるか?が

問われます。

 

また、外資の有名化粧品メーカーは入社するのに

競争率が高いため経験者しかさいようしない事も

あります。

 

主な仕事内容は、

  • カウンターでの接客
  • 顧客管理
  • 売り上げ管理
  • 商品ディスプレイ

などです。

 

管理職という立場になると、部下育成や

マネジメントなども行うようになります。

 

美容師から美容室以外で美容業界への転職は

職種によって

  • 美容師時代よりも収入ダウン
  • 美容師よりもハードな労働環境
  • 資格取得するための準備期間が必要

 などを考慮したうえで、転職活動を行うと

良いでしょう。