読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美容師が転職を成功させる秘訣

美容師が転職を成功させる秘訣とは?転職する際の注意点や転職先の選び方、履歴書の書き方、面接などに関して、また、現在勤務している美容室から別の美容室への転職、美容師を辞めて他業種への転職などについての情報を掲載中。

美容師から他業種へ転職、転職先で比較的多い業種

美容師から他業種へ転職、転職先で比較的多い業種

美容師から他業種へ転職する際、転職先で比較的多い業種を

ご紹介していきます。(順不同)

 

 

 

美容ディーラー

美容ディーラーの仕事は、メーカーから美容商材を買って、

その美容商材を美容室に販売しています。

この記事を読んでいるのは、ほぼ美容師さんでしょうから

美容ディーラーの詳細な仕事内容については割愛しますが、

美容師から美容ディーラーの営業マンになる例はかなり多いです。

 

美容師の経験をフルに活かせる転職先であると共に、

今まで得た美容商材の知識も役立ちますから採用されやすい

業種です。

 

職種としては営業職、内勤の事務が主な仕事になります。

休みや給料面でも一般の会社員のように安定しているように

思えますが厳しい面もあるのです。

 

臨店講習会...経験ありますよね。

美容室の営業後、新しい商品を導入するため、メーカーや

ディーラーのスタッフさんと一緒に行っていた勉強会。

 

美容師はその一回の臨店講習会で終わっていましたが、

ディーラー社員は美容室から依頼があった分だけ

勉強会を行いますので、帰宅時間が遅い日が続くことも。

 

早く帰宅できると思っていたのに...現実は甘くないかも

しれませんね。

 

アパレル産業

美容師の経験は直接活かせないかもしれませんが、

ヘアスタイルとファッションはつながっているので、

転職しやすい業種の一つといえるでしょう。

 

f:id:ren-ai-partner:20170206010705j:plain

 

実際、美容師からアパレル産業に移る人は多いです。

美容師はトレンドのファッションを学ぶことも多々あり、

コンテストをはじめ、撮影やサロンワークに役立てています。

 

同じトレンドを扱う業種としてアパレル産業は関連深い業界だからです。

 

美容師からアパレル産業への転職は、志望動機も納得してもらいやすく、

採用もされやすいです。

 

アパレル産業といっても、いきなりデザイナーやプランナー、パタンナー

になれるわけではなく、販売員からのスタートになります。

 

事務職・受付業務

女性美容師が他業種へ転職する際に、比較的選びやすい職種が

事務職や受付業務等です。

 

未経験でも入りやすく、一般事務でしたらすぐに資格を必要と

しませんので女性の需要は大きいでしょう。

 

事務職や受付業務は、さまざまな業種から必要とされますので、

業種や会社の選び方ひとつで、待遇面が変わってきます。

 

 

  • 勤務時間
  • 給与
  • ボーナス
  • 諸手当

 

 

などは、会社によって異なります。

 

転職を成功させるためにも会社の雰囲気や福利厚生など、

自分が求めているものなのか?を検討することが大切です。

 

歯科助手や医療事務といった医療関係職

女性美容師の転職先として人気が高い業種の一つが、

歯科助手や医療事務といった医療関係職です。

 

医療事務は資格を取得したほうが採用されやすいですが、

医療事務の資格がないと就職できないというわけでもないです。

 

医療費の計算などはコンピューターのシステムがほとんど

行うので、パソコンの操作を重要視することすらあるのです。

 

ただ、病院によっては資格の有無も問われますので、
事前に資格を取得しておくことをおすすめします。

 

医療事務の資格取得には最短で6ヶ月、1年あれば通信教育講座で

取得できます。

 

また、歯科助手は資格も必要としませんので

美容師が転職しやすい職業となります。

 

しかし、歯科は全く未知の世界ですから、道具の名称や用途・

専門用語など覚えることがたくさんあるので、最初はかなり

たいへんかもしれませんね。

 

介護職

介護職は今最も求められている業種で、転職しやすい業種です。


資格はホームヘルパーの資格が必要です。こちらは働きながら

学ぶことができ、資格取得もそんなに難しくないです。

 

しかし、介護福祉士も体力的にもハードだし、勤務先によっては

夜勤もあります。美容師よりも激務かもしれません。

 

高齢化社会を迎えた現在は必要不可欠な職種で将来性もあります。

介護福祉士の上にはケアマネージャーといった役職もあり、

金銭面含めやりがいを見いだせるのではないでしょうか。

 

ケアマネージャーになるには介護福祉士のしての経験年数と

合格率が20%という難関を突破しなければなりません。

 

ケアマネージャーを目指すのも一つの選択肢といえそうです。

 

上記以外の業種

上記以外業種もたくさんありますが、大学卒業していないと

入れない会社も多いですし、資格を持っていないと就職できない

会社もあります。

 

あなたに行きたい他の業種があるのなら、狙いを定めて
必要な資格等を取得したり、生活できるだけの金銭の準備が必要です。

 

美容師をしながらの転職活動も可能ですが、資格取得が必要な

職種においては一度退職し、準備期間を設けることになります。

 

ただし、準備期間が長くなることについては弊害も出てきます。

働かない期間が長くなると、働く意思がないのでは?と判断される

ことにもなってしまいます。

 

上記の事を踏まえ、思い付きやなんとなくで転職するのは得策では

ありません。

 

転職は早めに決断し、計画性をもって準備を進めることが成功する

秘訣でしょう。