読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美容師が転職を成功させる秘訣

美容師が転職を成功させる秘訣とは?転職する際の注意点や転職先の選び方、履歴書の書き方、面接などに関して、また、現在勤務している美容室から別の美容室への転職、美容師を辞めて他業種への転職などについての情報を掲載中。

美容師の時間外労働と休日労働

美容師が転職を成功させる秘訣 国内編

美容師の時間外労働について

 

美容師の休日の中でも触れたことなので

重複しますが、あらためて解説します。

 

美容師の時間外労働については、

  • 早朝のセットや着付け
  • 受付終了後の残業

の2種類になります。

 

早朝のセットやメイク、着付け

 

結婚式、お茶会、舞踊、生け花などの

お呼ばれで営業開始前にお仕度をする

事が多々あります。

 

入学式や入園式、卒業式や卒園式も同様に

早朝のお仕度になることが多いです。

 

f:id:ren-ai-partner:20170131002840j:plain

 

これは、美容室の方針によって予約を受ける、

受けないが分かれてくるところではありますが、

お客様からの問い合わせがあることは確かです。

 

それに、このような大切な席に出向くには、

普段担当している慣れた美容師に頼むのが

間違いないと思っているお客様も多いでしょう。

 

指名された美容師も腕の見せ所なのかもしれません。

 

担当したお客様が会場の中で一番素敵でいてほしい...

そう思ってセットや着付け、メイクなどの施術を

しているのですから!

 

受付終了後の残業

こちらは日常業務の一環となります。

休憩時間を含め9時間を超過したところから

時間外労働になります。

 

問題は、残業時間に対して適正な割り増し賃金が

支給されているのか否か...です。

 

美容室に限ったことではありませんが、

みなし残業手当で支給されていることも

多々ありますよね。

 

みなし残業手当は、固定残業手当とも呼ばれています。

企業が一定時間の残業を想定して、あらかじめ月給に

残業代を固定で記載し支給する事をいいます。

 

これにより残業時間を計算しなくても固定分の残業代を

支払うという制度です。

 

一般的には「みなし残業」とも言われています。

近年厳しくなっている労働問題の対策として、

この「固定残業代」や「みなし残業」を悪用し、

固定残業以上の残業をしても残業代を払わない。

 

そんな企業が後を絶たないのです。

 

参考になるサイトがありました。

roudou-pro.com

 

 

 

美容師の休日労働

 

美容師の休日労働は、

  • 店舗休業日のセットやメイク、着付けの予約
  • シフト上の休日にお客様の予約が入った

この2通りでしょう。

 

店舗休業日のセットやメイク、着付けの

予約については前述の通りです。

 

シフト上の休日にお客様の予約が入った場合は

通常メニューがほとんどでしょう。

 

この場合、予約のお客様だけ担当し、

終了次第退勤するケースと、終日予約を入れて

勤務するケースがあります。

 

お客様の予約の入り具合とスタイリストの都合で

調整する事がほとんどです。

 

このように断るに断れないケースの休日出勤も

美容師にはつきものですね。