読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美容師が転職を成功させる秘訣

美容師が転職を成功させる秘訣とは?転職する際の注意点や転職先の選び方、履歴書の書き方、面接などに関して、また、現在勤務している美容室から別の美容室への転職、美容師を辞めて他業種への転職などについての情報を掲載中。

美容室の営業時間と美容師の勤務時間

美容室の営業時間

さて、美容師がどのくらい過酷な

労働環境に置かれているのか?

 

美容室の営業時間が10:00~19:00だと

仮定しましょう。

 

19:00にすべてを終わらせるためには

  • 16:00 パーマ&カラー受付終了
  • 17:00 カラー&カット、パーマ受付終了
  • 18:00 カット受付終了

といったように、受付終了時刻が想像できます。

 

また、ある美容室では

18:00 すべてのメニュー受付終了

 

更には、

19:00 すべてのメニュー受付終了

 

 

このように美容室の営業時間といっても

オーナーさんの考え方ひとつで様々に変化します。

 

実際には営業時間で運営している美容室と

受付終了時間で運営している美容室に分かれ

ている状況にあります。

 

そして、営業が終了してから清掃、ミーティング、

カルテの整理、POP作成、自己練習、

臨店講習とやることが満載です。

 

このように美容師は朝から夜遅くまで

働いている人がほとんどです。

 

これはお客様が来店してから

最後のお客様が退店するまでの時間になります。

 

19:00にパーマ&カラーのお客様が来店したら

22:00(多少前後します)にお客様が退店される

ことになるでしょう。

 

これが基本的な営業時間ですね。

 


美容師の勤務時間

今度は、美容師の勤務時間をみていきましょう。

 

まず、朝礼からスタートですね。

お店が10:00に開店するのでしたら、

それの少し前ですから9:30くらいでしょうか?

 

そこからお客様の退店、清掃、終礼や

ミーティング終了までが勤務時間とされています。

 

朝の自己練習や夜の自己練習は、あくまでも

個人のスキルアップ、キャリアアップが根底に

ありますので勤務時間にはカウントされません。

 

美容師の一日の事例

8:00 朝練スタート

9:30 朝礼スタート

10:00 お客様の施術スタート

19:00 最終受付

 

営業終了は受付終了時のメニューによって

終わりの時刻は左右されます。

 

清掃・終礼は19:00に受付したお客様が

退店されてから始めます。

清掃、終礼が終わったら夜の自己練習です。

 

そして深夜0時を迎えるころに退店、帰宅...

帰宅後に食事や入浴、睡眠時間を削って

自分の趣味の時間を作り出し就寝。

 

朝は6:30とか7:00に起床して出勤の準備。

 

休日は前述のとおり、休み返上でメーカーや

ディーラーの講習会に参加したり撮影会や

フォトシューティングに参加。

 

このサイクルが毎日とは言いませんが、

これが美容師の一日です。