美容師が転職を成功させる秘訣

美容師が転職を成功させる秘訣とは?転職する際の注意点や転職先の選び方、履歴書の書き方、面接などに関して、また、現在勤務している美容室から別の美容室への転職、美容師を辞めて異業種への転職などについての情報を掲載中。

美容師が転職を成功させる秘訣 国内編

美容師から美容ディーラーへの転職、成功の秘訣とは?!

美容ディーラーとはどんな仕事? 美容ディーラーとは、一言でいうと、美容室、理容室の専門商社のような存在です。美容メーカーから美容室で使用する様々なものを買い、それを取引のある美容室などに卸すことが主な仕事です。シャンプー剤、パーマ、カラー剤…

異業種への転職成功の秘訣、それは転職支援サービスの活用だった

転職活動をしてる人の中には、転職支援サービスを利用してる人が増えています。特に、異業種へ転職を考えている人の利用が増えています。人材を求める企業と、転職を希望する人とをマッチングさせるサービスが、転職支援サービス業と呼ばれています。まずは…

採用面接試験の困ったを解決、転職理由は正直に話すのか話さないのか

採用面接試験でされる質問への対策、採用面接試験の際に様々な質問がされると思います。ある程度は質問内容を予測して対策をしてから面接試験に臨む事をおすすめします。完璧な準備はできませんが、ある程度は質問内容を想定して、答えを考えておくことが、…

転職時の採用面接試験、まさかの不合格!不採用の理由ってソコ?!

転職時の採用面接試験で大切なのはマナーだった企業の採用担当者が「応募者の第一印象」のどこを重視するのか?すでにご存じかもしれませんが、態度・仕草、話し方、表情、あいさつ、身だしなみ、など、マナーに係わる事柄が多いのです。このマナーができて…

あなたの転職、面接対策は無駄!美容師時代に培ったノウハウを活かせ

転職する際の面接について、転職するにあたって、採用に至るステップのどこかで必ず人事担当者や採用担当者が面接を行います。面接を通過しなければ、採用にならない事実を知っておきましょう。面接ですから、もちろん対面で話をするという事になります。こ…

あなたが履歴書に書いた志望動機は応募企業の担当者に伝わりませんよ

今回は志望動機や志望理由を書く際のポイントについてご紹介いたします。志望動機や志望理由を書く際は、応募先企業に対して独自性のあるものを作成しなければなりません。あなたの将来のキャリア目標は変わらないかもしれませんが、各企業によって求める人…

履歴書は自分自身、まずは基本的な書き方を知って丁寧に書きましょう

履歴書は、面接の流れや採用の成否を左右するとても大切な書類です。履歴書の作成にあたっては最低限のマナーを守ることを心がけましょう。ここで言ってるマナーとは、字が下手でも丁寧に書く、誤字脱字に気をつける、学校名や企業名は正式名称で書く、修正…

履歴書の写真次第で合否が左右されるってホント?第一印象を大切に!

履歴書を書くときにきれいな字で書かなければ、と、意識する割には履歴書の写真がイマイチ...このような経験、ありませんでしたか?手元に履歴書があるなら今一度ご覧になってください。ヘアスタイル、メイク、服装、顔の表情、トータルバランス、いかがでし…

元気で明るい笑顔の人が採用され易いって本当?美容室が求める人材像とは

美容室だけでなく一般論として、どのような人材が会社や企業で求められているのでしょうか?元気、明るい、笑顔、挨拶ができる、積極性、素直、このようなプラス思考の肯定的、積極的、楽観的で、物事を比較的良い方向に考える事ができる人が求められていま…

美容師が理容師へ転職する際、理容専門学校に通わないとダメですか?

美容師の資格を持っている人が転職先の一つとして理容師を考えることもあるのではないでしょうか。同じ「髪」を扱う業種として似ているので転職しやすいかな?、と考える人もいるでしょう。しかし、理容と美容の法律は別々に定められていて、免許も別なので…

美容師から他業種に転職したら、毎日の生活が充実することになった!

美容師として活躍していた人が転職先として選択する職業は実に多岐に渡っています。美容師といえば、朝から晩までの長い勤務で知られています。通常の事務仕事や工場などは、一般的に夕方までの勤務です。転職することによって、真っ先に感じるのが自分の時…

別の美容室に転職する際に気をつける給与システムや福利厚生について

別の美容室に転職するにあたり、給与システムや福利厚生について気を付けるポイントがいくつかあります。美容師の皆さんの年齢は比較的若いため、給与の仕組みや保険、年金、税金等についてあまり気にしていない人が多いようです。特に福利厚生については、…

転職後に絶対後悔しないためにも、美容師が考えるポイントとは?

転職後に後悔しないためには、何をすればいいのでしょうか?それは、転職後に後悔したことについて情報収集すると解決策が見出せます。大手の転職支援サービスが調査した結果をWEBサイトで公開していたりしますので参考にしましょう。ここでは2~3事例を挙…

ブラック企業を選んでしまったではもう遅い!ブラック企業の見極め方

日本の美容技術は繊細で上手だと世界から認められるレベルになった程、技術は進化しました。しかし、美容師に関する法律は昭和初期から全く変わりません。つまり芸子の髪結いや丁稚奉公といって先生の家に泊まり込みで技術を学んでいた頃と同じなので、時代…

美容師以外の仕事を探すにはどうする?転職支援サービスを活用しよう

美容師は華やかな印象がある一方で、非常に離職率の高い職業でもあります。学校を卒業してから一年、三年、五年と経つにつれて肉体的な辛さや精神的な辛さ、そして収入面に対する不安は出てきます。特に収入面においては、平均年収が300万前後とも言われ、収…

転職先の美容室を転職サイトで探す!サイトの選び方や注意点

美容師の転職も、転職先をwebで探すことが一般的になってきました。求人サイトの内容は他の業界とほぼ同じで、給与欄に歩合の割合が記載されていることが特徴です。求人サイトによっては先輩スタッフのインタビューや、店長や責任者がサロンの方針について説…

1000円カットへの転職ってどうなの?実は労働環境が良く負担も少ない

従来のフルサービスの美容室だけではなく、1000円カットに代表されるように、安くカットしてくれるお店が増えています。料金の割に仕上がりがよく、短時間でカットしてくれるという理由から行きつけになる人も増えています。そんな需要の拡大ゆえに、激安店…

美容師からの転職って難しい?美容室以外で美容業界への転職

美容師は辞めるが同じ美容業界で別の職種に就くことは難しくはありません。同じ美容業界ですし、美容に対する知識や経験もそのまま活かせます。全く経験のない他業種への転職よりは、断然転職しやすいでしょう。ただ、美容師免許を活用できる職業となると、…

転職先美容室を選ぶ基準がわからん!美容師が戸惑う転職活動の注意点

現在勤務している美容室から別の美容室へ転職を考えている美容師の中には、転職先の美容室を選ぶ基準がわからん!と転職活動に戸惑いを感じて思うように進まない人もいるのではないでしょうか。転職活動を始めたはいいが、目的を見失い自分の方向性がブレる…

美容師から他業種へ転職、転職先で比較的多い業種

美容師から他業種へ転職、転職先で比較的多い業種、美容師から他業種へ転職する際、転職先で比較的多い業種をご紹介していきます。(順不同)

美容師を辞めて他業種への転職について

美容師を辞めて他業種へ転職したいと考えている人、結構多いのですね。アシスタントであれば手荒れの問題、アシスタントのままでステップアップが望めない、プライベートな時間がほしい。 スタイリストであれば女性の場合、結婚や出産を控え金銭面や勤務時間…

現在勤務している美容室から別の美容室へ転職したい

現在勤務している美容室から別の美容室への転職は、職業や職種は変えずに雇用主だけを変更するだけにとどまります。美容師の転職で最も多いパターンですね。最も美容師の場合、最初に就職した美容室で定年まで勤務するケースはあまり見受けられません。

美容師の解雇について

勤務先の美容室から解雇される理由って、人それぞれで様々な理由になります。勤務先の美容室に重大な損失を与えた、顧客情報の持ち出し、美容室内でのハラスメント、会社の方針に従わずルールを守らない、成績不良などでしょうか?

美容師のお給料は安い?高い?

今までの記事を読んでもらえるとわかるのですが、美容師の仕事はある意味肉体労働です。これだけ働いて、収入はいくらになっているのか?美容師であるみなさんは見当がついていると思いますが、あらためてご紹介いたします。転職を前提に考えているが...躊躇…

美容師の時間外労働と休日労働

美容師の休日の中でも触れたことなので重複しますが、あらためて解説します。美容師の時間外労働については、早朝のセットや着付け、受付終了後の残業の2種類になります。早朝のセットやメイク、着付け結婚式、お茶会、舞踊、生け花などのお呼ばれで営業開始…

美容師の休日と年次有給休暇について

世間一般では、週休二日制が当たり前のように言われていますが、美容師の世界はまだまだ整備されていません。美容室の定休日にはメーカーやディーラーの講習会へ参加したり、モデルの撮影会などで潰れることが多々あります。一般企業の場合、休日に出勤する…

美容師の労働時間と休憩時間について

美容師の労働環境は過酷だ...と書きました。今回は美容師の勤務時間を労働基準法に当てはめてみようと思います。労働基準法とは?労働基準法は、労働条件(労働時間、休日、賃金など)の最低基準を定めた法律です。この法律は、正社員はもちろん、契約社員、…

美容室の営業時間と美容師の勤務時間

今度は、美容師の勤務時間をみていきましょう。まず、朝礼からスタートですね。お店が10:00に開店するのでしたら、それの少し前ですから9:30くらいでしょうか?そこからお客様の退店、清掃、終礼やミーティング終了までが勤務時間とされています。

美容師が転職を考える理由

美容師は過酷な労働環境におかれてますが、常に技術を磨くというプロとしての意識、自身のキャリアアップのためという理由が隠されています。今の時代にそぐわないかもしれませんが、このような実情に耐えられない人は、美容師は向いていないかもしれません…

美容師の過酷な職場環境

美容師養成施設(美容専門学校)卒業後は美容室に就職します。しかし、美容師になったはいいが理想と現実のギャップに苦しめられ...「こんなにキツイの?!」「美容師なんか、もう辞めてしまいたい」と思う人も多数います。特に美容師のアシスタント時代は厳…