読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美容師が転職を成功させる秘訣

美容師が転職を成功させる秘訣とは?転職する際の注意点や転職先の選び方、履歴書の書き方、面接などに関して、また、現在勤務している美容室から別の美容室への転職、美容師を辞めて他業種への転職などについての情報を掲載中。

留学に関するトラブルについて...必ず遭遇するトラブルとは?

慣れない海外に行ったときに必ず遭遇するのがトラブル

です。留学をする人によく見られるトラブルとはどのよ

うなものでしょうか。

 

出来るだけトラブルを防ぐ事が出来るように事前に

知っておきたいと思います。

 

 

 

学校に関係したトラブル

 

 

やっと留学先の学校に着いたと思ったら日本人ばかりで

英語が上達しないというトラブルがあります。

 

日本人に人気の国でよくあるトラブルですが、

どのように対処したら良いのでしょうか。

 

冷静に考えると日本人が多いのは初心者クラスなので、

一生懸命に勉強して早く進級出来るようにしましょう。

 

休み時間や学校が終わった後に、学校の先生や事務所の

スタッフと意識的に話すようにして、現地の人のそばに

いるようにしたいと思います。

 

事前に留学先を決める時に留学エージェントなどに、

日本人が出来るだけ少ない所に行きたいという希望を

伝えておく事もトラブル予防のためには大切です。

 

留学先は大抵初日に進級テストをしますから、その

テストで良い結果を出し出来るだけ上のクラスに行ける

よう日本にいる時から勉強をしておく事も大切です。

 

滞在に関するトラブル

 

ホームステイをする時によくあるトラブルが遠慮を

しすぎてストレスが溜まるというものです。

 

f:id:ren-ai-partner:20170220214629j:plain

 

ストレスが溜まると自分も相手も嫌な気持ちになり

毎日の生活がぎくしゃくします。

 

ある程度我慢して相手に合わせる事も大切ですが、

自分の気持ちや要望をきちんと伝えるようにするのも

大切です。

 

外国語で自分の考えを伝えるのは難しいものですけど、

それ自体すでに言語学習の大切なプロセスである事を

覚えておきましょう。

 

特に意思を伝えるのが大切なのは食事をする時間や

量の多さ、また嫌いな食材などについてです。

 

もし我慢出来ないほどつらく感じるならきちんと伝える

ようにしたいと思います。

 

留学に関するトラブルは学校関係と滞在に関係したもの

でした。

 

どれも対処法がありますので良い経験をしていると

思って取り組んでいきましょうね。

 

 

留学したいと思ったらどこに聞けばいい?留学エージェントの所に行けばいい!

休みの期間だけ短期留学したり1年だけ留学したいと

思った時に、どこで情報を集めたら良いのでしょうか。

 

留学のサポートをしてもらうためにどこに行ったら

良いのかを調べてみました。

 

 

 

留学エージェントにサポートしてもらおう

 

留学をしたいと思ったなら留学エージェントのところに

行くようにしましょう。

 

この留学エージェントとは代理店の事で留学先について

の情報を教えてくれる場所です。

 

f:id:ren-ai-partner:20170220205342j:plain

 

自分の希望に添った留学先や留学に向けてどんな準備を

したら良いのかを教えてくれますし、現地での生活の

サポートをしっかりしてくれます。

 

美容の留学エージェントについては、以下のリンクを

ご参照ください。

 

 

セイファート海外サポート

 

ロンドン留学センター
SASSOON ACADEMY 美容師留学

 

アズウィック 美容師留学

 

美容師資格も取れるアメリカンビューティー

 

アレスインターナショナル
SASSOON ACADEMY 日本公式代理店

 

留学・海外留学のWISH

 

 

日本全国にオフィスがあって気軽に相談する事が出来ま

す。海外の留学エージェントもいますので渡航したい国

が決まっているなら、直接連絡するのも良いでしょう。

 

基本的に海外にオフィスを置いている留学エージェント

は料金が割安で現地の最新の情報を持っています。

 

サポート料金や学校を手配する手数料なども無料になっ

ている事があるので相談しやすいでしょう。

 

しかし連絡を取る方法が電話やメールになるのが少し

不安な所です。

 

相談するメリット

 

留学エージェントに相談をするメリットは学校選びで

失敗しにくいと言うことです。

 

何も知らないで自分でカタログなどを見て学校を決める

と、実は前情報と学校に入ってからの現実が違うと言う

ことが良くあります。

 

一方留学エージェントのところには現地の生徒たちから

の生の情報が届いていますので、前情報と入ってからの

授業の様子が違うという事がほとんどありません。

 

学校を決めるというのは大きな決断なので悩む事や心配

になる事がありますが、留学エージェントはきちんと話

を聞き適切なアドバイスをしてくれます。

 

現地に行ってから面倒くさい学校の入学手続きを助けて

くれますし、ホームステイの手配なども前もってしてく

れるのも大きなメリットです。

 

留学をするに当たっては色々と気になる事がありますが、

留学エージェントがいるので安心ですね。

 

最新の現地の情報などを確認して自分に合った留学先を

決めるようにしましょう。

 

 

美容師が海外留学!でも語学留学も必要?現地の言葉がわからない不安

美容師が海外留学する際に必ず言葉の問題が出てきます。

  • 現地の言葉がしゃべれない
  • どのくらいに語学力が必要か?

不安になることも多いのではないでしょうか?

 

f:id:ren-ai-partner:20170220202116j:plain

 

株式会社セイファート 美容師海外サポートによれば、

語学力はそんなに心配しなくても大丈夫です。

 

-----セイファート ココから-----

 

Q : 英語に全く自身がありませんが、参加するには

どのくらいの英語力が必要ですか?

 

A : 英語力は問題ございません。現地で働く先は

基本的に日本人が経営しているサロンですので、

英語ができない方でもご安心ください。

 

また留学の場合ですと、英語を勉強しに語学学校に

行きますので、こちらも問題ございません。

 

渡航先には日本人スタッフもおりますので、

何か心配ごとなどございましたら、いつでもご相談ください。

 

-----セイファート ココまで-----

 

その一方、株式会社エール・ライズが運営している

アズウィックによるとロンドンの中心地、

Vidal Sassoon Academyで、美容師留学をする際

応募資格に英語力:TOEIC500点以上が望ましいです。

 

※コース開始後、英語力が満たないと判断された場合、

学校よりコース退学を要請される場合がございますの

で、事前の語学力取得が必要となります。

 

と、あります。

 

あなたがどこにどんな留学をするのか?によって必要と

する語学力が違ってきますので、よく考えた上で決める

ことが大切です。

 

上記のことからもわかるように、語学留学も必要になる

ことがありますのでご紹介いたします。

 

 

 

語学留学をする目的

語学留学をする目的は第一に現地の言葉の習得でしょう。

 

地元の生活などを体験する事も目的だと思いますが、

基本的には言語の習得が一番成し遂げたい事では無いで

しょうか。

 

どのくらいの期間で現地の言葉を話せるようになるので

しょうか。

 

どれくらいの期間で話せるようになる?

個人差や言語への取り組み方にもよりますが、

3ヶ月~6ヶ月ほどである程度の聞き取りと意思表示が

出来るようになってきます。

 

だんだん耳がまわりで話される言語に慣れてきますし、

毎日の生活の中で接する人が決まってきます。

 

そうするとまわりの人が毎回話す言葉が耳に付くように

なったり、相手の口癖が分かってきたりします。

 

知っている単語の量が増えてくるので意思表示もしやす

くなっていくでしょう。

 

授業も基礎から少しずつ応用に入っていきますし、実践

的な会話の練習もしますのでかなり話せるようになって

いくのです。

 

早く話せるために意識するポイント

出来るだけ早く話せるようにするために意識したい

ポイントは日本人の友達を作らないと言うことです。

 

どうしても日本語が恋しくなる時がありますが、

可能な限り日本語に接さないようにすると、脳の中に

外国語の思考回路ができあがっていきます。

 

新たな言語の回路を作るのは筋肉トレーニングのような

もので、負荷をかけ続けるほど効果が出てきます。

 

耳をそばだてて現地の人が使うフレーズを覚えましょう。

 

トイレに行く時や何かを人に頼む時に使うフレーズとい

うのは大体決まっているものですが、学校で習うものと

地元の人が普段使っている生きた言語は違う事があります。

 

せっかく現地で生活しているので生きた言語を習得しましょう。

 

カフェなどでお茶をしている時にまわりの会話に注意を

払ってみましょう。

 

語学留学を初めて地元の言葉と生活にどっぷりつかるな

ら、3ヶ月から6ヶ月である程度の言葉を話せるように

なります。

 

言語習得ペースを速めるために可能な限り現地の言葉に

接するようにしたいと思います。

 

 

 

本気で海外留学を考え、コミュニケーションをとりたい

のなら日本にいるときから語学の勉強をおすすめします。

英会話

DMM英会話のレッスンの様子を動画で見てみよう!

 

美容師が海外留学する前に知らないと困る!留学を成功させるポイント

美容師が転職を考える際に、

  • 海外で働きたい
  • 留学して海外の技術を学びたい
  • 海外のお客様が多く来店するので、語学留学したい

など、理由は様々ですが活躍の場を海外に移すことを

考えたりするケースもあります。

 

そこで少しの間、美容師の海外留学について書いて

いこうと思います。

 

f:id:ren-ai-partner:20170222181450j:plain

 

美容師が海外留学を成功させるポイント

 

留学に行く人が年々増えていく中で以前より留学が身近

になっています。

 

自分が留学をするとしたらどんな事を知っておきたい

でしょうか。

 

海外に行って勉強を楽しむために知っておきたい事を

まとめてみました。

 

 

 

留学前にしておきたい勉強

日本にいる間に最低限しておきたい勉強は、留学先の

語学を勉強すると言うことです。

 

もちろんペラペラに話せなくても良いのですが、

挨拶くらいは出来るようにしておきましょう。

 

旅行では無くて現地に住む訳なので毎日その国の言葉を

話さなければなりません。指さし単語帳や辞書などを

用意して少しでも渡航する国の言葉に触れておきましょう。

 

留学先の歴史についても知っておきたいと思います。

歴史的な背景や宗教について知っておくと、地元の学生

と話があうでしょう。日本の歴史や宗教についても必ず

質問されますから、答えられるようにしておきましょう。

 

歴史と宗教はどの国に行っても共通の話題なのですぐに

会話が盛り上がりますよ。

 

リサーチしておくべきポイント

自分が通う事になる学校や町の地図をチェックして

おきましょう。

 

これから住む町が国の中でどの位置にあるのか知って

おくと会話が弾みますし、気候の話などにも繋げられる

ので地元の人との会話が持ちます。

 

最近の地図にはWi-Fiスポットなども掲載されている

ので事前に確認しておきましょう。

 

 

家にいてインターネットが使えない時もありますから、

前もってWi-Fiスポットを知っていると助かります。

 

交通機関の乗り方を調べたり料金の相場を調べたりする事も大切です。

 

日本食等が手に入るスーパーの情報も重宝するでしょう。

 

ある程度大きなスーパーや外資系のスーパーがあれば、

日本から何でもかんでも持って行かなくても現地調達で

そろえられるものが結構あります。

 

留学する前には現地の言葉を挨拶程度に知っておいたり

地図をチェックしたりしておく事が大切でした。

 

事前にできることをしっかりしておくなら留学を思い切り楽しめるでしょう。

 

 

元気で明るい笑顔の人が採用され易いって本当?美容室が求める人材像とは

美容室が求める人材像とは

f:id:ren-ai-partner:20170220195849j:plain

 

美容室だけでなく一般論として、どのような人材が

会社や企業で求められているのでしょうか?

 

 

  • 元気
  • 明るい
  • 笑顔
  • 挨拶ができる
  • 積極性
  • 素直

 

 

このようなプラス思考の肯定的、積極的、楽観的で、

物事を比較的良い方向に考える事ができる人が求められ

ています。

 

 

 

この中でも最も求められるのは「積極性」です。

全求人の74%で求められていることが分かりました。


これにはきちんとした理由があります。

 

近年の日本経済の縮小や国際競争力の低下など、企業は

さまざまな課題を抱えています。

 

このような課題に立ち向かい乗り越えていくには、

与えられた仕事を遂行するだけでなく、組織目標を達成

するために何をやるべきかを、自ら考え実行できる積極

性を求めていると考えられます。

 

二番目に多いのは柔軟性で60%

三番目に多いのは外向性で59%

 

という結果になっています。

 

状況に応じて柔軟に思考や行動を変化させられる力が

求められていたり、視点を外に向けて新しい情報を敏感

にキャッチし、新しいマーケットやビジネスの可能性を

探れる人物が重宝されている事が関係していると言えるでしょう。

 

このことを踏まえ、美容室ではどのような人材が求めら

れているのでしょう?

 

上記のプラス思考で肯定的、積極的、楽観的の他に

配慮やサービス性も重視されています。

 

美容師は技術職という一面と接客・サービス業といった

一面も持ち合わせています。

 

技術職の面で言うなら

 

  • 積極性
  • 柔軟性
  • 向上心
  • 素直

 

接客・サービス業の一面では

  • 配慮(目配り、気配り、心配り)
  • サービス性(配慮と同義)

 

を備えた人材になります。

もしくは、これから身につけようと努力を惜しまない人

ですね。

 

 

実際に美容室関係者として店内を見渡してみると、

そんなにずば抜けて技術が上手かといえばそうでもない

スタイリストがたくさんのお客様から支持されていたり

するのです。

 

これは、スタイリストの人柄と配慮、サービス性に

長けている(努力で身につけた)証しでしょう。

 

就職活動や転職活動において成功する人

学生時代や前職時代に一生懸命頑張ったことがある人が

就職活動や転職活動において成功するようだ。

 

アルバイトやサークル、美容師ならコンテストやフォト

シューティングなどの活動を通して自分が立てた目標を

やり遂げた、優秀な成績を収めた経験がある人に企業か

らの内定は集中する。

 

逆に、学生時代前職時代に何もしないで、何となく過ご

してきた人は内定や採用を勝ち取るのに苦労している。

 

実際、エントリーシートや面接において聞かれるのは

「学生時代や前職の時に一生懸命頑張ったことは?」

という質問が一番多い。

 

もう、お分かりいただけたと思いますが、上記の事を

持ち合わせている事、そして過去の経験を今に生かし、

未来を見据えて今を生きてることが大切なのです。

 

 

美容師が理容師へ転職する際、理容専門学校に通わないとダメですか?

美容師の資格を持っている人が転職先の一つとして

理容師を考えることもあるのではないでしょうか。

 

同じ「髪」を扱う業種として似ているので転職しやすい

かな?、と考える人もいるでしょう。

 

しかし、理容と美容の法律は別々に定められていて、

免許も別なのです。ですから理容と美容の仕事は気軽に

変えることができるものではありません。

 

 

 

美容の目的はパーマメントウエーブ、結髪、化粧などに

よって見た目を美しくすること、にある一方、理容は

頭の髪の刈り込み、顔そりなどによって見た目を整える

事にあります。

 

この二つの業種の一番の法律上の違いは美容師が顔そり

をすることができないことにあります。

 

男性の顔そりは理容の分野に含まれているので、美容で

は施術することができないのです。

 

現在の法律がある以上、美容師が理容師へ転職しようと

するならば理容学校に入学し学習をしなおし、理容師の

国家試験に合格することが必要となります。

 

理容師免許を取得するためには昼間の通学で2年間、

通信教育は3年間学習し理容師免許の国家試験を受験し

合格しなければなりません。

 

昼間の通学で2年間や通信教育での3年間は学校を卒業

するまでの期間であり、免許を取得できる期間ではあり

ません。

 

国家試験を受験し不合格ならば再度受験することになる

のですから...

 

さらに言うと、美容師のカット技術がそのまま理容師の

カット技術に通用しない事も考えられます。

 

特に刈り上げが良い例です。

刈り上げする際のコームの持ち方やハサミの開閉数が

異なるので、通用しないと思ったほうが良いでしょう。

 

f:id:ren-ai-partner:20170219112254j:plain

 

最近では日本国内の文化の変化によって、利用者の

ニーズにこたえられるように美容室と理容室が一緒に

なっているところも見られます。

 

それぞれの人の個性に合わせて男性も美容室に通う人も

多くなりましたし、カラーやパーマなどの施術を受ける

人も多くなりました。

 

このような社会現象の影響もあり、現在では美容から

理容に転職する例はとても少なくなっています。

 

今後は法律が変更されることも考えられ、理容と美容の

境界は無くなる可能性もあります。

 

しかし、日本では昔から理容という分野は歴史があり、

伝統として伝えられているものの一つです。

 

大切にしていかなくてはいけないものでもあります。

 

将来の事をしっかり考え、自分がどのような分野で活躍

したいと思っているのか、これからどのような仕事をし

たいと思っているのかなどのことを考え、人生設計して

いくことが重要なことと言えます。

 

 

美容師から他業種に転職したら、毎日の生活が充実することになった!

美容師として活躍していた人が転職先として選択する

職業は実に多岐に渡っています。


美容師といえば、朝から晩までの長い勤務で知られてい

ます。

 

通常の事務仕事や工場などは、一般的に夕方までの勤務

です。

 

f:id:ren-ai-partner:20170218154535j:plain

 

ざっくりですが、美容師と製造工場勤務の比較表を

つくりました。比較対象の目安にしてください。

 

 美容師製造工場
勤務時間 9:40~19:00 8:40~18:00
残業時間 ほぼ毎日 繁忙期以外は定時退勤
昼休憩 手の空いてるとき 12:00~13:00
昼以外の休憩時間 10:00~19:00 15:00~15:20
退勤時間 早くても20:00以後 残業がなければ18:00
会社を出る時間 自己練習が終わり次第 退勤時刻と同じ
休日

火曜日と平日一日の週休二日だが、

講習会等により休日返上もある

土・日、祝・祭日、ゴールデンウィークなども休める

ボーナス ほぼ無し(あっても5万円くらい) 業績によるが半期で1~2か月分
有給休暇 サロンにより取得できないケースもある 取得可だがすべての日数は消化できない
法定福利厚生

社保未加入事業所多数、

雇用保険や労災保険も未加入のケースあり

社保完備、雇用保険、労災保険完備
法定外福利厚生 社員旅行、レクリエーション

社員旅行、レクリエーション、資格取得や自己啓発の支援、

財形貯蓄制度、社内預金、社員食堂他

 

表を見るとわかるのですが転職することによって、

真っ先に感じるのが自分の時間を長く持てるように

なったということではないでしょうか。

 

転職先の業種業態によっても異なりますが、美容院が

オープンする時間よりも前に店舗入りして、店内清掃や

見習い業務に明け暮れていた日々よりも格段に充実度合

いがアップします。

 

よほどのブラック企業にでも入らない限り、待遇面が

良くなる可能性が高いでしょう。

 

 

 

実際に美容師とは全くの畑違いの業務に転職を果たし

たという人も多くいますが、毎日の予定が立てやすく

なったという人が多くいるのも確かです。

 

平日であっても、仕事帰りにフィットネスジムやヨガ

教室、スポーツクラブなどで汗を流すことができたり、

スキルアップやレベルアップのための資格取得を視野に

入れての習い事も可能です。

 

恋人や家族のために時間を使うことができるというのも

有意義なことかもしれません。

 

美容院の仕事を離れて、ちょっと寂しいことといえば、

当たり前のように自らのカットやカラーリングについて

は、無料や格安でできていたことができなくなる点です。

 

1000円カットでも構わないという価値観を持っている人

なら別ですが、美容代金の高さに驚かされるという人も

多いかもしれません。

 

誰でも生涯に渡って、床屋や美容院にはお世話になりま

すので、トータルすれば結構な投資額になることは否め

ません。


健康な生活を送る上では重要になる睡眠時間をきっちり

と確保することができるようにもなります。

 

連日のように続く早出残業の日々では、生活も不規則に

なってしまうものです。

 

コンビニ弁当ばかりが続き、しっかりとした料理ができ

なかったという人も、スーパーでの買い出しから楽しむ

ことができるようになります。

 

美容師のマイナス面ばかりが強調されてますが、

美容が好きで好きでたまらない人にとっては大変でも

なんでもないんですね。

 

  • 大変さの中にもお客様が喜んでくれる
  • 仕事の充実ややりがい
  • 雑誌の撮影やショーの仕事等様々なクリエイティブな分野でも道が開ける

 

日々の大変さは将来への投資と割り切っています。

美容師は夢のある職種であることに違いはありません。

 

逆に、プライベートを充実させたい人にとっては厳しい

職場環境といえるでしょう。

 

美容師は大変・過酷と思う人もいれば楽しくて

しょうがない人もいます。職業を選択する際に、

何を基準にするのか?の違いによるのでしょう。


上記の比較表はあくまでも目安です。

参考程度にとどめましょう。

 

製造業の工場でも繁忙期は過密スケジュールになり

残業も毎日なんてこともあります。

 

求人票や募集要項をうのみにせず、自分で確認した

うえで転職先の職場を決めましょう。